岩手県立久慈病院

病院のご案内

基本理念

岩手県立久慈病院の看護師としての誇りを持ち、やさしさと豊かな人間性で、患者さんやご家族の立場になって考え、その人にとって最良の医療・看護が受けられるよう努力します。

●私たちは、患者さまの人権を尊重し、良質で適切な看護の提供に努めます。

●私たちは、看護の専門職として、社会の変化・医療の進歩に対応できるように自ら研鑽に努めます。

 

患者さんの安全を守る

小さなミスやミスに至らず、良かったことなどの報告システムが 確立されております。報告を共有することで同じミスや事故に至る 前に発見できるような職場環境づくりをしております。

 

受け持ち看護制

患者さまが入院から退院まで継続して担当する看護師(受け持ち 看護師)がおります。受け持ち看護師は、患者さまに行われる 治療や看護をご本人・ご家族と相談しながら安心して療養生活を 送れるよう支援してまいります。また、退院後の生活指導や 退院先についての相談も行っております。

 

患者さんのプライバシーを守る

 

チーム医療の推進

緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チームなど、 診療科を超えて、医師、看護師、薬剤師、栄養士、その他の職種との 話し合いによる医療の提供をしています。看護師は、その調整役を 担っており、個々の患者さんにきめ細かなケアが提供できるように しております。

 

看護職員の教育研修

1.基本理念
  専門職業人として倫理的配慮に基づいた質の高い看護サービスを提供できる看護職を育成する。
2.教育目的
  1)看護倫理に基づいた行動がとれるように人間性豊かな感性をはぐくむ。
  2)専門職として主体性・自主性を持ち、室の高い看護サービスを提供する人材を育成する。
3.教育目標
  1)看護の専門的知識・技術・態度を習得し臨床実践能力を向上させる。
  2)医療チームの一員としての自覚を持ち、良好な人間関係がたもてる。


上に戻る